Windows 7 でのCPU使用率2009/01/31 22:14

 CUBASEで聴いている時に突然音が出なくなった。画面上では再生しているのだが音は出ていない。何故かと思っていろいろ探ってみたところ音楽再生でCPU使用率が90%を超えている。これでは何かのはずみで100%を超えてしまうこともあるだろう。

 何が原因でこんなに使用率を稼いでしまっているのかを調べた。音楽を再生している時だけなのでUSBメモリではない。ということはUSBオーディオを10個繋げている事が怪しい。
 繋げているだけのUSBオーディオをASIOの認識を外して音を出してみたら案の定、使用率は下がった。でも音の密度が下がる。CPU使用率がギリギリでもUSBオーディオを10個認識させた方がいい音だ。
 リソースモニターからプロセスのCPU使用率を見てみると「遅延プロシージャ呼び出しと割り込みサービスルーチン」が飛び抜けて高い割合を示している。
 
 この状態では音楽を聴きながらイメージディスクを作成するのは無理そうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utablo.asablo.jp/blog/2009/01/31/4094113/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。