SACD マルチチャンネル2011/10/29 17:39


 購入したSACDが少し増えてきて中にはマルチチャンネルのものもある。そこで昔の機種であるがiLink伝送の出来るデジタルAVアンプを調達した。以前にもマルチチャンネルをやったことがあるのだが、そのときはアナログ接続でSACDプレイヤーからAVアンプに繋いでいた。しかし今ひとつ鮮度にかけるのですぐに手放していたのだ。

 パイオニアのDV-S858AiとソニーのTA-DA7000ESである。iLink接続でフロー制御が出来るものだ。違うメーカーではあるが問題なくフロー制御が出来た。

 TA-DA7000ESはフルデジタルアンプではあるが重量はかなりある。電源をトランスで組んでいるので他のデジタルアンプとは少し違う。また、iLinkからのDSD信号で直接アンプをドライブしているのではなく、PCMに変換してからドライブしているらしい。
 同軸入力では176.4kHzまで入れることが出来た。192kHzは受け付けてくれなかった。(バルク転送USBオーディオ基板からの同軸出力)

 SACDのマルチチャンネルは4chで行っている。フロントはフルレンジ樽スピーカーとサブウーハー。リアはYoshii9だ。4ch全てFostexの8cmユニットなのでつながりがとても良い。
 音の出方についてはPCオーディオと比べても遜色ない。PCでDSDファイルの再生はAudioGateでPCM変換してからだし、SACDの場合はアンプでPCM変換しているのでほとんど差がない。若干PCからのほうがSNが良いくらいだ。これもセレクターで切り替えながら何度も試してようやくそのように感じた程度で大きな違いはない。
マルチチャンネルで聴くと音に囲まれている感じが強い。独特の音場である。

 意外だったのはCD再生もかなり良い音だったこと。フロー制御が効いているせいか音の良いCDはとても聴いていて気持ちが良い。

 バッテリー駆動のアンプは音量を上げるとクリップしてしまうので制限があるが、TA-DA7000ESで聴く限りでは相当上げてもクリップしない。176.4kHzまでは受けてくれるのでPCからでもSACDからでも、昼間大音量で聴くにはこのアンプの方が良い。

コメント

_ tetu ― 2011/11/29 15:04

初めまして

私は2ch専用のTA-FA1200ESを購入して改造していますが、次の2点を改造すると
S-Master PRO方式は大化けしますよ。

1)マスタークロックをNDKのNZ2520SD-49.152000M-NSA3449Cに交換し、7000ES本体との間はアイソレータICを入れてGND毎切り離してしまう。当然電源は7000ESとは別に外部起動する。
2)デジタル入力端子が上流との間でアイソレートされていないので、トランスを入れてアイソレートする。

こうしておいて1)のクロック回路部を常時通電状態で使用すればアナログアンプ顔負けの音で鳴ります。
まあ、SPを繋ぐだけで音が出てしまうので弄り回す楽しみはない機種ですがこの方式のシリーズは基本性能としての音は良いです。

_ uta ― 2011/12/05 20:24

tetu さん

 コメントありがとうございます。貴重な情報もありがたいです。
クロックの換装は効果がありますから良くなりそうですね。
全く箱は開けていませんが、またその気になるかもしれません。
その際は参考にしましてトライしてみようと思います。

_ たくぼん ― 2015/05/02 20:59

tetuさん

私もFA1200のクロック交換に取り組もうと思っています。
取り替えるクロックは、基板中央のヒートシンクの近くのSmasterチップの近くのものでしょうか。

_ たくぼん ― 2015/05/04 03:24

クロック交換&ファインメットチューンをいたしました。相当な変化でおどろきです。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utablo.asablo.jp/blog/2011/10/29/6175762/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。