wav2dff2012/09/10 20:03

 FUSEv022は音は良いのだが二つ難点がある。一つは曲の最後の瞬間にザッという結構大きいノイズが入る。もう一つは無音に近いようなレベルの部分で、わずかだがキュルキュルとかシューッという小さいノイズが入ってしまう。これはECMのピアノトリオなどではかなり気になる。ベースのソロになるとこの音が浮き上がってくる。

 DSDDirectのみでDSDファイルにするとこのノイズは入らないのでwavのアップサンプリング時に入っているようだ。Upconvでもやはり入ってしまう。
 しかしsunacchiさんの作ったwav2dff だと全く入らない。ただデフォルトのタップ数だとFUSEの音には少し及ばない。そこでタップ数を65536にしたらようやく同等くらいになった感じだ。しかし変換時間がハンパではない。CD1枚に16時間。これはどうしたものだか。


追記

先日88.2kHzのwavデータをDSDDirectでDSD128に変換したところ、曲の終わりにザッというノイズが入っていた。これはFUSEを使っていない変換なのでこのノイズの原因は違うところにあるようだ。(2012.9.21)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utablo.asablo.jp/blog/2012/09/10/6570115/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。