パット・メセニー ライブ2016/05/25 15:08


パット・メセニーのライブを5月24日にブルーノート東京で観てきた。この人のライブは90年代から通っていて、かれこれ四半世紀以上に渡って聴いている。ECM時代はリアルタイムでは聴いていないが、CDを聴けばその変遷を辿ることが出来るので、現在に至るまでの変わり続けている彼の姿をずっと追い続けていた。その時その時のライブは常に新鮮で、本質を変えることなく様々な断面でその時代を現わしており、ジャズは変わり続ける音楽という事を表現してくれている稀有なミュージシャンだと思っている。今まで観てきたライブは必ず驚きと感動を伴うものであり、自分の中では「期待を外さないパット・メセニー」という固定観念が出来上がっていた。ライブが終わった後の観客席に向かい合う彼の姿は後光が差しているようにいつも見えていた。

このことを踏まえて今回のライブについて感じたことを留めておきたい。今回のグループはワールドプレミアで世界に先駆けて演奏するというもの。ブルーノートの宣伝には、「時代やジャンルを超越した、ワイド・レンジな音楽を表現したい。と語るメセニーの新たな世界」とある。ピアノとベースは名前も知らぬミュージシャン。どんな音を出すのかも全く分からない。しかも新たな世界とあり、期待しない訳にはいかない。

ところがである。
始まった音楽は90年代のパットメセニーグループ(PMG)の曲ばかり。知らない曲は一つもなくて耳馴染んだ曲の連続。どこが新しい世界なんだ!?どの曲も大好きな曲ばかりなのでよけいに複雑な心境。もちろん本人以外はPMGのメンバーはいない訳でアントニオ・サンチェス以外は無名のミュージシャン。実際に聴いたところで何の印象も残っていない。なんでこのピアノとベースなの?といった感じ。演奏した曲もみんな短めで、さあこれから盛り上がるぞと思っているとすぐに終わり。ある程度、曲の長さがないとドライブ感を感じられない。曲の密度感は編成人数ではなくて今まで聴いたデュオやトリオでも感じることが出来たのだが、今回は感じられなかった。やはりレベルの高い2人とそれなりの2人では相乗効果が出てこないか。聴き進めていくうちにがっかり感を強く感じてしまった。PMGのメンバーで演奏したレベルには全く届いていない。どうせやるならPMGのメンバーでやってもらいたかった。それならこちらもそう期待したし、レベルも高かっただろうに。
 パット・メセニーにはプレイヤーの側面だけではなく、もっと広い視野での音楽家として期待を持っている。それ故にパット・メセニーが後退したと初めて感じてしまった。今回の彼からは後光を感じることは出来なかった。とても複雑な思いが胸中を渦巻いている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utablo.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095765/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。