パット・メセニー ライブ2016/05/25 15:08


パット・メセニーのライブを5月24日にブルーノート東京で観てきた。この人のライブは90年代から通っていて、かれこれ四半世紀以上に渡って聴いている。ECM時代はリアルタイムでは聴いていないが、CDを聴けばその変遷を辿ることが出来るので、現在に至るまでの変わり続けている彼の姿をずっと追い続けていた。その時その時のライブは常に新鮮で、本質を変えることなく様々な断面でその時代を現わしており、ジャズは変わり続ける音楽という事を表現してくれている稀有なミュージシャンだと思っている。今まで観てきたライブは必ず驚きと感動を伴うものであり、自分の中では「期待を外さないパット・メセニー」という固定観念が出来上がっていた。ライブが終わった後の観客席に向かい合う彼の姿は後光が差しているようにいつも見えていた。

このことを踏まえて今回のライブについて感じたことを留めておきたい。今回のグループはワールドプレミアで世界に先駆けて演奏するというもの。ブルーノートの宣伝には、「時代やジャンルを超越した、ワイド・レンジな音楽を表現したい。と語るメセニーの新たな世界」とある。ピアノとベースは名前も知らぬミュージシャン。どんな音を出すのかも全く分からない。しかも新たな世界とあり、期待しない訳にはいかない。

ところがである。
始まった音楽は90年代のパットメセニーグループ(PMG)の曲ばかり。知らない曲は一つもなくて耳馴染んだ曲の連続。どこが新しい世界なんだ!?どの曲も大好きな曲ばかりなのでよけいに複雑な心境。もちろん本人以外はPMGのメンバーはいない訳でアントニオ・サンチェス以外は無名のミュージシャン。実際に聴いたところで何の印象も残っていない。なんでこのピアノとベースなの?といった感じ。演奏した曲もみんな短めで、さあこれから盛り上がるぞと思っているとすぐに終わり。ある程度、曲の長さがないとドライブ感を感じられない。曲の密度感は編成人数ではなくて今まで聴いたデュオやトリオでも感じることが出来たのだが、今回は感じられなかった。やはりレベルの高い2人とそれなりの2人では相乗効果が出てこないか。聴き進めていくうちにがっかり感を強く感じてしまった。PMGのメンバーで演奏したレベルには全く届いていない。どうせやるならPMGのメンバーでやってもらいたかった。それならこちらもそう期待したし、レベルも高かっただろうに。
 パット・メセニーにはプレイヤーの側面だけではなく、もっと広い視野での音楽家として期待を持っている。それ故にパット・メセニーが後退したと初めて感じてしまった。今回の彼からは後光を感じることは出来なかった。とても複雑な思いが胸中を渦巻いている。

アナログ盤とライブ2015/10/17 10:43

最近はオーディオ的には特に更新もなく、wavファイルをDSD変換しながら音楽を楽しんでいる。デジタルでの音楽再生はかなり満足いくものになっている。
世の中はアップルミュージックのような便利で手軽な音楽再生が主流ではあるが、手間をかけた音楽再生は演奏者の気配まで感じられる素晴らしいものだ。(しかしアップルミュージックは、新たな音源に接することの出来るとても便利なものだと思う。)

家の中だけで音楽を楽しむだけではなくライブは月に数回行っているが、この一月半はとても充実していた。

音楽とオーディオのイベントで9月に行われた、ピーター・バラカン氏のA taste of Musicを見に行った。PCMハイレゾとアナログ盤の比較なども行い、とても良い内容だった。結局アナログ盤は究極のハイレゾ音源とも言えるようなものだと感じた。DSDとの比較がなかったのは残念だがPCMハイレゾとの差は大きく、生々しい再生が素晴らしかった。集まっていた人たちからもディスクの紹介などがあり、知らないミュージシャンを知ることができた。(家に帰ってからアップルミュージックも活躍した。)

9月から10月半ばまではジャズピアノミュージシャンのライブがとても充実していた。観てきたライブは

Matt Savage(好きなドラマー池長一美氏の参加)
大西順子(復活 リーダーではなかったが Karriem Riggins良かった)
Bobo Stenson(初来日 ECM好きになったのはこの人から)
Marcin Wasilewski(高崎まで行った Sławomir Kurkiewicz良かった)
Robert Gladper(最近はこの人がらみが多い Damion Reid良かった)
Lars Jansson(以前の森さんとシェルべリさんの方が良かったかな)
Nik Bartsch(編成は小さくなったが他にはない世界)

ECMのミュージシャンがこの短期間にこれだけ来るとは珍しい。
大西順子のソロはリーダーではなかったので加速していく演奏は見られなかったが、来月には新たなトリオでのライブがあるので期待したい。

シンバル2009/12/09 20:45

 昨日は青山のBODY&SOULへ大西順子トリオを聴きに行った。メンバーは井上陽介と ジーン・ジャクソンで最新CDの顔ぶれだった。
 彼女のライブはデビュー当時から通っているが、いつ聴いても飽きることがない。 今回も久々ではあったがいつもの加速していく演奏に引き込まれた。

 ライブに行くと最近はドラムの近くに座ることが多い。今回もジーン・ジャクソンの左側に座れてシンバルの音を堪能することが出来た。
 ピアノトリオが大好きなのだがライブではもっぱらドラムの近くに行きたくなる。至近距離からのシンバルの音は本当にしびれる。この音をいつでも聴きたいからオーディオをやっているのだなとも思う。

 しかし家で聴く音とはかなり違う。あの複雑な音の絡みはなかなか家では再現できない。もっとシンバルの音を上げて録音してもらいたいのだがなー。