DSD2562012/09/01 20:06

 ただのCDデータをDSD256に変換するだけなのだが凄い変わりようだ。SACDよりも良いくらい。今までハイレゾデータを選んで聴くようになってしまっていて、演奏は良いんだが音が今ひとつなので敬遠していたCDがたくさんあった。これで聴き方がまた変わりそうだ。
 wav44.1kHzを176.4kHzにするには様々なアプリがあって音がそれぞれ違う。結局一番音が良いと感じたのは評判通りFUSEv022だった。Xpでしか使えないが、仕方ないので以前Linuxをやってた時のデスクトップがあるので、そちらにXpの64bitをインストールした。
 
 48kHz系のハイレゾや88.2kHzはUpconvを使えば良いみたい。AudioGateを使うとお手軽だが、この音を聴いてしまうとかなり違う。AudioGateをかませないでデータ変換したい。

 CD一枚分を変換するのには相当時間がかかる。FUSEv022とDSDDirectが主だが3〜4時間くらいか。半日仕事だ。出来上がったデータはとにかく大きい。1曲1GB前後。
 データ管理をどうするかが問題だ。

コメント

_ sky ― 2012/09/02 00:49

uta様

はじめましてskyと申します。uta様はかなり以前からUDA基盤でのバルク転送を実現されていて、とても参考にさせたいただいております。
FUSEv022とDSD Directで変換したDSD256は私も一番音質が良いと感じております。
拙宅では2TのNASにDSDデータを保存して、無線LAN(300Mbps)でノートPCに飛ばして聞いております。

マルチチャンネルでのSACD再生にもチャレンジしていきたいと思いますのでいろいろと参考にさせていただければ有難いです。

_ uta ― 2012/09/02 09:54

 skyさん

 はじめまして。こちらこそよく拝見しております。皆様の情報に感謝しております。

 FUSEはタップ数を大きくすればするほど良くなりますね。バージョンの低いものだとWin7でも動くのですが、タップ数は24までで音の違いは小さくない。とても面倒なのですがこんなところで妥協しても仕方ないのでデスクトップを引っ張りだしてきました。
 
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utablo.asablo.jp/blog/2012/09/01/6561964/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。